キャリアコンサルティングとは

キャリアコンサルティングとは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。
(職業能力開発促進法第2条第5項)

まず、この法律上の定義は「絶対」です。

なぜなら、国家資格者キャリアコンサルタントは、法律に基づくからこそ「名称独占」という特権を与えられているからです。

法律に基づかないキャリアコンサルティングを行うのであれば「(国家資格)キャリアコンサルタント」である必要はありません。

キャリアコンサルティングの目的

キャリアコンサルティングの目的(効果)は下記のとおりです。

・キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深める
・社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになること
・自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていけるよう支援すること
・キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していく(手段となる)こと