経営者は副業に否定的

「社員の副業『認めぬ』8割、本業に影響、超過労働懸念」

上記ニュースによると、経営者の8割が社員の副業を「認めない」との考えを持っているようですね。

社員の副業に関する問題点

パラレルキャリア・マルチキャリア、言い方は様々あれど、そもそも「副業」という言葉が「本業」に対して「副次的」もっと言えば「オマケ」といったニュアンスですよね。
私としては「複」業が適切かと思いますが…

言葉の問題は別として、副業を認めた場合の問題点を挙げてみます。

本業が残業を減らしているのに、副業で働いたら意味がない。

本業に影響が出るのでは。

副業で労働中に労災にあった場合。

残業時間は他事業所と併せて計算しなければならない。

どれも大きな問題です。

このあたり、キャリアコンサルタントとしても、安易に兼業を認めてよいかという話にはなりますね。

ワークライフバランスを考えて残業を減らしたら、お給料が減ったので副業をする、では意味がないと考えるのもわかります。
とかくこの世は難しい…