これまでは「副業」という言葉がよく使用されてきたと思います。

「本業」に対する「副業」ですね。

サラリーマンという「本業」のある方が、「副業」として週末だけアルバイトをしたり、講師をしたり。

そういった考え方が、徐々に「複」業になりつつあります。

例えば、サラリーマンをしながら「マナー講師」を週末に行い、その講師として「youtube」に動画を投稿して、教材も売る。

そういうキャリアの在り方が当たり前になってきています。

それは、「コンテンツの販売が容易」になってきたからです。

私も、キャリアコンサルタント試験対策情報をPDF化して販売しています。
リアルでの講義だけでなく、コンテンツとして教材や音声ファイルをDL販売する。

こういったマルチインカムを作る方法が、インターネットの発展、各種プラットフォームの整備により可能になってきました。

今後、更に複業化の波が押し寄せてきます。キャリアコンサルタント自身がキャリアの在り方に敏感にならないといけないですね。