キャリ魂太郎です。

このエントリーでは、「カウンセリング」と「セラピー」の違いについて解説しています。

カウンセリングとは

まず、あらためて「カウンセリング」とは何なのか、この点について明らかにしていきたいと思います。

カウンセリングの定義

「カウンセリングとは言語的および非言語的コミュニケーションを通して健常者の行動変容を援助する人間関係」

出典:國分,1980

これが、(ある程度)共通認識である「カウンセリングの定義」です。

ある程度とカッコ書きする理由は、日本においてカウンセリングは誰でもできるものであり、カウンセラーと名乗ることも自由であるため、こういった定義について学んでいない方も相当数いらっしゃるからです。

カウンセリングの対象者

定義に「健常者の」とあるように、カウンセリングの対象者は「健常者」です。

つまり、「医療的援助」である「治療」が必要な方を対象としたものではありません。

カウンセリングの目的

カウンセリングの目的は「行動の変容」となります。

例えば、相談者が「部下と考え方が合わなくてイライラするので、つい関係のない家族に当たったりしてしまう」という悩みを抱えているのであれば、「イライラする」という行動を変容することが目的と考えることができますし、「イライラはしてもいいけれど、『家族に当たらない』ようにする」という行動変容の考え方もあるでしょう。

(サイコ)セラピーとは

カウンセリングとかなり混同されている言葉に、「(サイコ)セラピー」があります。

カウンセリングと同義に使われることもありますが、やはりこちらも一応ある程度の共通認識がありますので、ご紹介しておきます。

セラピーの定義

セラピーの定義は、非常に難しいようです。

例えば「心理学辞典」によれば

「精神療法 psychotherapy:精神療法(心理療法、サイコセラピー)を定義するのはきわめて難しい。たとえば「精神療法的」であるとされる行為は、きわめて広範にわたるのをみてもわかるだろう。それは精神分析療法からマッサージ師や教師が患者や生徒にかける言葉にまで及ぶ。

しかし実際のところ精神療法とは、一定期間そのための特有の訓練を積んだ者によってなされるものとしてよい。

さらに限定した意味合いでは、「相談」やカウンセリングなどを除外し、あくまでセラピーつまり治療であると定義されよう。(後略)」

出典:心理学辞典 有斐閣

と、非常に長く触れられていますが、結論を得ません。

しかし、この文中で触れられているように、セラピーは「治療的」であることが最大の特徴であるように思います。

セラピーの対象者

「治療的」であることがセラピーとすれば、おのずと対象者は「治療が必要な心の状態の人」となります。

近代セラピーは、18世紀のフランツ・アントン・メスメルによる、(動物)磁気療法がそのスタートとも言われます。

これは現在では、催眠療法の一種であったと解釈されますが、その治療的効果はかなり高かったと言われています。

その後、フロイトによる「精神分析療法」が生まれ、現在のサイコセラピーが発展してきたことはご存じのとおりです。

カウンセリングとセラピーの扱う問題

以上で述べたように、カウンセリングとセラピーでは、対象者及び取り扱う問題がそもそも違います。

カウンセリング:健常者の人生の問題を扱う
サイコセラピー:心の病を抱えた人の病理的問題を扱う

これをごっちゃにしてしまうと、「傾聴で問題は治る」というような、そもそもの基本認識に疑問を感じるような言葉が生じるわけですね。

カウンセリングとセラピーのモデル

対象者が異なるため、使用するモデルも当然異なります。

カウンセリングとサイコセラピーのモデルについては、

カウンセリング:可能性に着目した成長モデル
サイコセラピー:どのように「治すか」という治療的モデル

になります。

自らのやりたいことを明確にしよう。

日本における、カウンセラー、セラピスト業界の不幸は、どちらも業務独占資格があるわけではなく、誰でも今日この瞬間から名乗ることができ、体系的に学ぶ必要がないところにあると思います。

なので、このキャリアコンサルタント業界でも「コンサルティング」と「カウンセリング」そして「セラピー」の使い分け、違いが分かっていない方が多くいます。

それは、養成講座の講師の中でも珍しくはありません。

まず、あなたのしたいことは何でしょうか。

あなたの考えている「カウンセリング」という言葉に、セラピーで行うべき分野、領域が含まれているのであれば、セラピーとしての学びが必要になります。

両方したいというのも、もちろんあり得ます。

私も、カウンセラーでありセラピストであり、コンサルタントですが、その対象者はそれぞれ異なるわけですね。

(厳密には、キャリアコンサルタント、キャリアコンサルティングは、カウンセリングモデルを重視しているので、カウンセリングと重なる部分は多いわけですが…)

改めて、この点を考えられるのも良いかと思います。

なお、本エントリーは、下記参考書籍を元に作成をしたものです。

社会人のための産業カウンセリング入門

新品価格
¥3,024から
(2019/3/30 06:12時点)


キャリ魂太郎Twitter、キャリ魂塾LINE@、共進会でマル秘情報を確実にゲット!



友だち追加


スポンサードリンク