2020年も早折り返しを過ぎましたが、今年は新型コロナウィルス問題で、思うようなキャリアを描けていない、という方も少なくないのではないでしょうか。

またキャリアコンサルタント試験に合格し、登録はしたものの…という方もいらっしゃるかと思います。

そして、もっと広く・深く心理学を学びたいけれど、大学に通うのは非現実的だし…と思われている方もいらっしゃるでしょう。

そういった方の集う「場」として、キャリ魂塾では2020年7月から、「公認心理師必携テキスト第2版」をメイン教材とした勉強会を開講します。

「心理学」を学ぶ最初の1冊、最初の場としての勉強会

実際に、「心理学」を学ぶとなると、意外とそのハードルは高く、内容はもちろん、場所も機会も多くはありません。

新型コロナウィルス感染症にともなう社会不安などをきっかけに、「心理」を学び、支援者としての知識を身に付けたいという人も増えていますが、体系的に「心理学」を学ぼうとしても、その場は大学等の教育機関に限られているのが現状です。

また、「心理学」と銘打たれた講座やセミナーであっても、内容は「コミュニケーション」であったり、エビデンスの怪しいものであったりすることも珍しくありません。

その他、キャリアコンサルタント養成講習を修了された方でも、例えば国家資格試験前の民間資格から移行された方など、心理的な支援をもっと深めたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

こういった現状を鑑み、キャリ魂塾では「基礎から体系的に心理学を学び、仕事やプライベートに役立てたい、困っている方を支援していきたい」という方の想いに応えるため、公認心理師必携テキスト第2版をメインテキストとした勉強会を開講することとしました。

公認心理師必携テキスト第2版とは

公認心理師必携テキストは、公認心理師国家資格制度及び試験ブループリントが公表されて間もない、2018年4月に出版されました。

公認心理師という職業の目指すべき在り方、そして学ぶべき知識が体系的に網羅されており、その名の通り、公認心理師を目指す方の「必携」と言える一冊です。

公認心理師試験自体も、この必携テキストに記載されている内容から、数多く出題されており、単なる受験対策本とは一線を画す内容が特徴です。

そして2020年、この必携テキストの第2版が出版されました。

更に内容も充実しており、公認心理師を目指す方だけでなく、キャリアコンサルタントや民間心理カウンセラー資格者の手元にも置いておきたい一冊となっています。


※初版はこのようにマーカーを引くと、ちょっと裏抜けが…💦でも第2版は紙質が良いです。

心理支援基礎講座の主な内容

テキスト:公認心理師必携テキスト第2版(各自でご準備下さい。↓よりAmazonでご購入も可能です。)

公認心理師必携テキスト 改訂第2版

新品価格
¥5,280から
(2020/6/30 22:39時点)


日時:毎月第3又は第4週の夜8時~夜10時(終了時間は多少前後することがあります)
スタイル:ZOOMによるオンライン勉強会
費用:1,980円/月(いつでも退会・再入会可能です)
内容:約2時間の講義(事例検討、公認心理師過去問を使った小テスト(自己採点)など。休憩は随時)。
日程:2020年は下記のとおりです(時間は全て20:00~22:00となります)。
※第2回以降の講座内容は、講義中にお伝えします。

第1回:7/29:第14章 障害者・障害児心理学
第2回:8/26
第3回:9/29
第4回:10/27
第5回:11/26
第6回:12/17
第7回以降の予定は、決定次第受講生にご連絡致します。
※全6回の講座ではありませんので、ご注意ください。

心理学だけでなく、福祉制度や医療制度、年金、組織活性化など、行政書士・社会保険労務士・キャリアコンサルタントとして、常に現場と理論を重ね合わせてきたのがキャリ魂太郎。

1日わずか66円(1,980円/30日)で、体系的に「心理学」と「対人援助の知識」を学ぶ。

今までの「心理カウンセラー」講座とは全く違う、本格的な、そして一生涯使える「知」の時間を、これからのキャリアに活かしませんか?

その他、詳しくは↓でどうぞ。