キャリ魂太郎です。

このエントリーでは、

求人氷河期と言われる昨今ですが、「本当に採用していいのか」を考えて頂く参考として、

景気や世界情勢から情報提供をしています。

ドイツ銀行という時限爆弾

ドイツ銀行問題をご存知でしょうか。

簡単に言えば、ドイツ最大の銀行です。
「ドイツ」と冠していますが、日本で言うところの「日本」銀行のような中央銀行ではありません。
いわゆる「市中銀行」、民間企業です。

ドイツ銀行が抱える問題

このドイツ銀行が、リーマンショックを遥かに超える経済危機を引き起こすのではないか、とささやかれています。
(ささやかれている、というレベルではありませんが、日本ではなぜかこのニュースが少ないのです。)

格付け会社による格付け引き下げ

2018年6月1日、格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)が、ドイツ銀行の長期発行体格付けを「シングルAマイナス(A-)」から「トリプルBプラス(BBB+)」へ1段階引き下げました。

株価が1992年以来の最安値を更新

2018年5月31日、ドイツ銀行の株価は、1992年以来の最安値を更新し、9.16ユーロをつけました。
(7/5日時点での株価は9.26ユーロ)

米国裁判に負け、7900億円の支払い命令

米国司法省はドイツ銀行に対し、過去のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切販売をめぐり79億ドル(約7,900億円)の和解金を支払うよう命じました。
が、これ以外にも数多くの訴訟を抱えており、まだまだ支払額が増える可能性が指摘されています。

メルケル独首相が「支援しない」と表明

大きすぎてつぶせない、は日本でもよくありますが、その逆。
大きすぎて支援できない。これがドイツ銀行。

3兆7000億円を誤送金

誤送金のケタがハンパないです。
大迫どころの話ではありません。
こんな金額を誤送金できてしまう会社が、なんと…

ドイツ銀行はリーマンショックの4倍の影響をもたらす

ドイツ銀行の負債総額は260兆円に達すると言われています。
かのリーマン・ブラザーズの4倍。
さすがはかつて世界3大銀行とまで言われた銀行、と言っている場合ではありません。

超簡単なドイツ銀行問題のポイント

ドイツ銀行問題を超簡単にまとめると、

1.世界3大銀行の一つとまで言われたドイツ銀行がヤバい。
2.ヤバいから格付けがBBB+に下げられた。
3.ヤバいから株価が最安値近辺。
4.ヤバさを裏付けるように、3.7兆円を誤送金
5.そしてそのヤバさはリーマンショックの4倍とも。

この爆弾を世界が抱えている状況で、人がいないからと言って、正社員雇用をするべきでしょうか。
特に、キャリアコンサルタント(受験生)はリーマンショックを経験された方がほとんどだと思います。
歴史は繰り返す。
リーマンショックがもう一度来るとしたら、何を、どう備えるのがよいでしょうか。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験合格サポート

チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com