登録免許税とは

登録免許税とは、その国家試験に合格した後、実際にその資格者として「登録する」(つまり「名乗れる」)ために必要なお金です。

私は「ショバ代」と考えていますが…笑

そういう意味では、この「登録免許税が高いほど、食える資格である」と考えるのもアリかなと。

そんなわけで登録免許税額でグループ分けしてみました。

60,000円グループ

登録免許税が最も高額なのが、この60,000円グループです。

資格としても、勉強ボリュームの大きい、難関資格又は受験要件が厳しい、独占性の高い資格がメインになりますね。

そして、働きながら取ることは極めて厳しいグループとも言えます。
(税理士は科目合格制なので一応可能。また公認会計士は会計士補に合格するのが厳しい試験です)

弁護士
医師
弁理士
歯科医師
不動産鑑定士
税理士
公認会計士

30,000円グループ

第2グループが30,000円グループです。

資格的には「中型資格」と呼ぶ資格が多く、基本的に「働きながら取れる」のはこのグループまで。
(薬剤師は受験資格的に、また司法書士は勉強ボリューム的に厳しいですが…)

司法書士
行政書士
土地家屋調査士
社会保険労務士
薬剤師

15,000円グループ

第3グループが15,000円グループ。

このグループから、少し特殊なものが多くなってきます。

何が特殊化というと、試験自体はそこまで難しくなく、問題だけ見れば十分働きながら取れるんだけど、受験資格が厳しかったりします。

社会福祉士
精神保健福祉士
公認心理師

9,000円グループ

そして最後が9,000円グループ。

このグループも、試験問題自体はそこまで難しくありませんが、15,000円グループと同じく所定の学校卒業(科目履修)が必要など、受験資格が厳しいグループですね。

キャリアコンサルタントもここに入ります。

キャリアコンサルタント
介護福祉士
看護師
柔道整復師
歯科衛生士
理学療法士
言語聴覚士
作業療法士

まとめ

誤解しないでいただきたいのですが、登録免許税の金額そのものが収入と関係しているわけではありません。

キャリアコンサルタントと看護師、どちらが稼げる資格かと言えば、「就職」で考えれば看護師でしょう。

しかし、田中春秋先生はキャリアコンサルタントであり、ほとんどの看護師よりも稼いでいるでしょう。

このように、「登録免許税金額=稼げる度」として正しく機能しているわけではありません。

ただ、一般的に「登録免許税が高い資格ほど、稼げる可能性は高い」とか「独占性が高いなどの特典がある」のは事実です。

こんな見方もあるんだな、と思って頂けましたら幸いです。

※民間資格に登録免許税はありません。
※宅地建物取引士の場合、宅建業で登録免許税があるからでしょうか、宅建士自体に登録免許税はないようです。

キャリ魂塾LINE@でマル秘情報を確実にゲット!


友だち追加


「楽しい」「あっという間」そんな感想を書いていただける。それがキャリ魂塾です。









チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格後も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com