入管法の改正、そして外国人雇用…変化はいつも静かに訪れます。

すでに、多くの街で、多くの企業で、外国の方が生活されており、その考え方やライフスタイルは様々です。

2018年時点で、技能実習生など128万人の方が日本で働き、キャリアを積まれていますが、これは全労働者の約2%に相当し、実に労働者の50人に1人が外国の方となりました。

今後も、多くの外国人の方が日本に訪れ、就労を希望されるものと思われます。

しかし、キャリアコンサルタント試験や養成講習で学ぶ内容は、ほとんど全てが日本人を対象とした内容となっており、この現状に対応できていません。

行政書士として、入国管理局申請取次研修を修了し、外国人在留・就労にも携わってきたキャリ魂太郎が、「まずこれだけは押さえてほしい」という内容を、約3時間の講座にまとめたのが、こちらの講座です。

特に今回、外国人雇用への対応は急務と考えていることから、本講座の資料や講義内容は、ご購入された方の学習はもちろん、任意の勉強会、自主セミナーなどでご利用いただくことも可能としました。

ぜひこの機会に、外国人雇用の知識をマスターして頂ければ幸いです。

改正入管法と外国人実務講座の詳細

「特定技能」の創設により企業はどう変わる?入管法の2019年4月改正内容と在留資格別外国人への対応実務講座

2019年4月から新たな外国人雇用制度が始まることとなりました。

本改正では、わが国の歴史上、初めてと言ってもよい、「外国人の比較的軽易な労働への就労」が解禁され、経過によっては永住まで可能とする新たな在留資格「特定技能」の創設が盛り込まれています。

これは、深刻化する人手不足を背景とした経済界からの要望により、ついに国も外国人労働の大幅な規制改革に踏み込んだと言えるでしょう。

従来、外国人雇用は高度な技能を持つ専門職が原則とされてきた、日本の外国人施策・雇用施策の一大転換点となるのが今回の改正です。

そこで今回は、

1.新制度の解説
2.実際に活用が多い在留資格の具体的な解説
3.企業経営者の方や人事労務担当者が気になるポイント
4.想定される注意点

といった、キャリアコンサルタント養成講習になく、試験にも出題されない点、押さえておきたい点を、具体的に解説することを念頭においております。

地方ほど人手が足りず、外国人雇用のニーズが高く、本来、地方のキャリアコンサルタントほど、このセミナーの知識が必要になります。

地方在住の方もこのビジネスチャンスに乗り遅れないよう、そして何よりも職場の在り方が変わることにご準備ください。

本セミナーは、キャリアコンサルタントの方を想定しておりますが、キャリアコンサルタントでも、そうでない方でも学んでいただけるよう、基礎的な内容から分かりやすく行っております。

なお、外国人に関する法制度の解説ですので、語学の知識は不要です。

参加特典

本セミナーにご参加頂いた方には、本セミナーで使用したPowerPoint資料を、自由にお使い頂けるようにしました。
受講直後から、社内セミナーや顧問先向けセミナーなどの開催を、本セミナー資料を用いて、自由に行って頂くことが可能です。(キャリ魂塾の著作権表記を消した上で、ご利用が可能です)

※著作権を放棄するわけではありませんので、そのまま資料・音声ファイルを販売することはできません。ご了承ください。

費用

27,000円(送料・税込)

概要

1.2019年4月施行予定の出入国管理法の改正ポイント
2.単純労働が解禁される? 新在留資格「特定技能」とは
3.今後のキャリアコンサルタント、企業経営者が知っておくべき在留資格の活用方法と注意点
4.専門家・経営者が注意をしておきたい最近の外国人雇用の知識
※上記と講義上資料の項目は一致しません。

送付物

USBメモリ(USBメモリにPowerPoint、音声ファイルなどの講義資料一式を格納してお送りします)

その他備考

※キャリアコンサルタント試験合格者以外も受講可能です。
※こちらは、3月の東京講座を録音したものであり、多少音声の乱れがありますことをご了承ください。
※本講座は返金保証はございません。
※本講座は、ご自由に改変し、勉強会などでご使用いただけますが、改変する場合は自己責任でお願いいたします。
※著作権を放棄するわけではありませんので、そのまま販売することはできません。ご了承ください。
※法令は2019年3月1日時点で施行されている内容、施行予定である内容となります。
※ご購入に当たっては、本ページに記載された内容をご了承頂いたものとみなします。

スポンサードリンク