このエントリーでは、キャリアコンサルタント面接試験(以下単に「面接試験」)における、「なるほど」という応答について考察しています。

「なるほど」を気にする必要はない。

面接試験で、「なるほど」を使ってよいかどうかを気にする受験生もいます。

結論から言えば、キャリ魂塾では「なるほど」を使うかどうか、気にする必要はないと考えています。

それは、キャリアコンサルタント試験は、基本的には「マナー」の試験ではないからです(基本的には、というのは「相談者を尊重した姿勢・態度は必要だからです」)。

これは、「了解です」「承知しました」も同様ですし、服装も同様です。

マナーや言葉遣いを採点評価する試験ではない以上、クライエント役に不快感を与えていなければ、それで何も問題はない。

これがキャリ魂塾の考え方です。

言葉遣いや服装、そんな枝葉末節を気に病むよりも、本質的な問題がここに潜んでいることに注意をして下さい。

気にしなければならないのは「相手の反応」

私は今、「クライエント役に不快感を与えていなければ」とお伝えしました。

そうです。

あなたは「自分の言葉が相手に不快感を与えているかどうか」を、気にしていますか?

あなたが仮に、「なるほどですねー」を多用するクセがあり、クライエント役に限らず、目の前の相手が「イラっと」しているようならば、それは「使うべきではない」ということになります。

私も、オフィスの管理会社に電話したら「なるほどですねー」を多用されて、イラっとしたことがありますが、この「目の前の相手がイラっとしている」ことに気づけるかどうかは、「キャリアコンサルタント」や「カウンセラー」の「資質」の一つですよね。

あなたが「目の前の相手がイラっとしている」にもかかわらず、「なるほど」や「了解しました」を使いたい人なら、間違いなく不合格です。

それは、「目の前の相手(クライエント)の感情よりも、自分のエゴを優先したい人」に、キャリアコンサルタントの適性があるとは言い難いからです。

同様に、「目の前の相手が、自分の言葉でイラっとしていることが分からない人」も、「観察力」が無いということになりますから、合格は難しいでしょう。

試験で問われるのは「ラポールを作る力」

これは私の予想ですが、試験では「なるほど」を使ったかどうかなど、採点・評価項目にはないはずです。

それは「ラポールを作る力」と、何も関係が無いからです。

「ラポール」を作る力とは、「相手から信頼を得る」力です。

この場合の「信頼」とは、「この人になら、私の悩みを相談しても大丈夫だな、この人は私を傷つけないな」という信頼です。

「なるほどですねー」を連発して、クライエントがイラっとしていることに気づかない人なら、そもそも「ラポールは作れない」。

それは「観察力」が無いからです。

「なるほど」を「確かに」や「そうなんですね」に代えたところで、何の意味もありません。

服装も一緒です。

あなたが有名ブランドのスーツを身にまとい、誰がどう見ても一分のスキもないオシャレな姿だとしても、目の前の相談者が「こんな高い服を着ている人に、私の悩みなんて分かるはずない」と、ミジメな気分になってしまえば、ラポールは(その時点では)壊れているのです。

言葉遣い、服装…そんなものは本質とは何の関係もないのですから、悩む必要はありません。

あなたにとって必要なことは、「面接試験で問われていることは何か」という、本質を掴むことです。

新出題傾向対応!キャリ魂塾面接ロールプレイ試験対策講座受付中