日本一書くキャリコン、キャリ魂太郎です。

このエントリーでは、過去9回の国家資格キャリアコンサルタント面接試験(キャリアコンサルティング協議会(以下単に「協議会」と言います)実施分)について出題された資格を挙げています。

過去に出題された資格一覧

ここでは基本的に、クライエント役が取得を考えている、又はすでに取得していると話した資格についてピックアップしています。
(こちらから、「〇〇という資格を取得されるのはいかがでしょうか」というようなアプローチで、クライエント役が同意したものは含みません)

医療系

看護師

介護・福祉系

保育士
精神保健福祉士
社会福祉士

法律系

司法書士

経営系

中小企業診断士

語学系

TOEIC
英検

その他

自動車整備士
教員免許
接遇系検定

資格を知っておく意味

資格についての知識があっても、それが「正しい知識」とは限りません。

例えばあなたは、「キャリアコンサルタントの平均年収」を知っていますか?

仮に知っているとして、その知識がクライエントに役立つと言える根拠は何ですか?

25歳でキャリアコンサルタント資格取得を考えているクライエント
50歳でキャリアコンサルタント資格取得を考えているクライエント

どうでしょう。

じゃあ実は、

25歳でキャリアコンサルタント資格取得を考えているクライエント
➡既にベンチャー企業を複数立ち上げており、事業をさらに拡大したいと考えてキャリアコンサルタント資格を取りたい。
50歳でキャリアコンサルタント資格取得を考えているクライエント
➡ずっと主夫をしていたが、初めてのハローワークで話したキャリアコンサルタントに憧れて。

こういうクライエントだったらどうでしょう。

単に、その資格の平均年収や取得にかかるコストの一般的な知識があったからといって、「聴かなくていい」わけではありません。

しかし、例えば「司法書士の合格率は既にご存知と言うことでよろしいでしょうか。」というような「クライエント役の相談したい内容に、よりミートした情報提供」が可能になります。

追記:そうそう、あとその資格が職業に直結するものならば、RIASECに絡めて口頭試問で提案することもできますね。

少なくとも、過去に出題された資格については調べておくようにして下さい。


「楽しい」「あっという間」そんな感想を書いていただける。それがキャリ魂塾です。








チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格後も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com