日本一書くキャリコン、キャリ魂太郎です。

9月6日の北海道地震につき、土砂崩れや 道路陥没 そして停電など 大変な被害がでている模様です。
被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
まだ全貌が明らかになってきておりませんが、皆様のご無事をお祈りしております。

このエントリーでは、第20回2級キャリアコンサルティング技能検定試験合格発表に基づき、試験内容というよりはキャリアコンサルタント制度の今後について思うところを掲載しています。

第20回2級キャリアコンサルティング技能検定 試験結果と個人的な感想

第20回(前期)2級キャリアコンサルティング技能検定試験の合格発表から、気になる数字を拾っていきます。

受検者数

2級学科:936人
2級実技:1,770人

学科試験受験者数(≠申込者数)は、1,000人を割っていますが、今回は合格率が80%を超えているため、次回の学科試験受験者数は減る可能性が高いと考えられます。
複数回受験者が多いと受験者数の底上げになるわけですから。

そうすると、平成30年度の全受検者数は5,000人を下回る可能性があり、仮に5,000人とすれば、平成28年度全体の受検者数7,587人と比較して、34.0%の減少です。
(平成29年度全体受検者数は6,187人)

実技試験は合格率がここ数年は15%前後で推移しているので、複数回受験者が多くなりますが、ここでも前回比18.6%減少。

キャリアコンサルタント関係試験受験生は100%社会人経験がありますので、伺いますが…

例えば、売上が前期比20%減、前々期比30%減の会社の株、買いますか?

他の名称独占資格との比較

年間5,000人の受験生は、受験生が1/7にまで落ち込んだマンション管理士の約40%であり、同じくコンサルティング分野の技能検定であるFP2技能士の年間受験者数が約220,000人であることと比較すると、さすがに危機感を覚えます。
(FP受験生がいまや宅建より多いってことにもかなり驚いていますが…)

また、中小企業診断士の受験生が約17,000人と増加傾向に転じたことを考えると、単に名称独占だから敬遠されているものではないと言えると思います。

合格率

2級学科:80.89%
2級実技:15.47%

2級学科の合格率は、私の記憶が正しければ、第9回以降50%を下回ったことがありません。
国家資格キャリアコンサルタント試験(以下単に国家試験と言います)のように、20%前後になったこともありません。
(2級学科で一番低い合格率が27.88%)

そして、前回の第19回学科試験合格率は51.68%です。

絶対評価の試験は、よく「基準点を超えれば全員合格するから良い」と言われますが、逆に年度ごとの合格率の差が激しくなることが多々あります。

合格率が極端に異なる国家試験の例

行政書士:平成14年合格率19.23%→平成15年合格率2.89%
1級キャリコン技能検定学科:平成23年度合格率2.16%→平成25年度合格率35.2%

こういったことが起こるため、試験委員の作問による絶対評価試験自体が受験生にとって公平ではないと思いますし、国家試験は当然公平であるべきですから、学科試験制度は「プール問題からランダムに出題する試験制度」が望ましいのではないでしょうか。

確か、CFP試験がプール問題からのランダム出題制度を採っていたような…そして、問題をいつもFPジャーナルで募集していたと思います。
(今はどうなっているか知りませんが)

「合格者が問題を作って、プールしておいた中からランダムに出題される」ようにしておくと、合格者は知識を活かして収入が得られ、問題数も溜まるし、相応しくないレベルの問題は弾けば良いし、良いことばかりなのですが、多くの国家試験で流行りませんね。

法律分野や白書統計だけ、試験委員が作ればコストも下がって良いと思うのですが…

性別

男性 792人
女性 1,377人

キャリ魂塾の受講生は女性が80%を超えることが多く、100%になることもありますが、試験的にも男女比は1:2前後といったところです。
ちなみに、1級技能士でもこの傾向は変わりません。

つまり、キャリアコンサルタントは女性が長期的にキャリアアップしていっている職業ということで、これはスゴく良いことだと思います。

申込者平均年齢

申込者平均年齢49.01歳

平均年齢も私が知る限り、45歳を下回ったことはありません。
少なくとも2級技能士はアラフィフの方がボリュームゾーンとなります。

受検者数減少が意味するもの

今回、実技受検者数が1,770人と、平成23年後期以来の少なさとなりました。
これは、試験機関の収入で考えると、年間約2億円程度しかありません。

学科試験なんて8,900円ですからね、1,000人受検したって8,900,000円です。
固定費を考えると、これ大丈夫か、となるレベルです。

このような受験生減少傾向の背景には、作問レベルの低さ、合否判定基準の不透明さ、そして何よりコスパの悪さがあります。

「コスパの悪さ」を言い換えると、多くの受験生にとって、この2級キャリコン技能士資格で描けるキャリアビジョンが不透明ということです。
(例えば、職場で必要とされているから受験する、という方も少なくないのではないでしょうか。)

その上、協議会は「キャリアコンサルティング技法」を補助金を使って開発しましたが、これも「キャリアコンサルティング」という「個人支援」です。

「キャリアコンサルティング」だけでは、ほとんど食えない。

このことを他の誰でもない、協議会が分かっていないから、受験生が減っているのではないでしょうか。

国家試験実施回数減によって、2級受験生はさらに減る?

昔、プロ野球のセ・リーグとパ・リーグが一つになるかどうか、というときに、こういう話がありました。

活発な業界はどんどん分裂していく
斜陽な業界はどんどん統合していく

「食えるだけの市場」があれば、争って分裂していくわけです。
しかし、そうでなければ統合して守りに入るしかないと。

国家資格キャリアコンサルタント試験は、年4回実施から年3回実施に「統合」されました。

受験生の人数など調べなくても、統合されているということは斜陽なんですね。

当たり前です。

市場のニーズに応えていないからです。

しかし、2級技能検定の前段階である国家試験受験者数が減るということは、当然2級技能検定に良い影響はあまりないでしょう。

2級と標準レベルの差が縮小していく?

第9回国家試験の合格率はあくまで予想ですが、仮に下記のようになったとしたらどうでしょう。

2級技能検定合格率:学科80%×実技15%で12%
国家資格試験合格率:学科20%×実技60%で12%

せっかく苦労して2級技能検定に合格しても、最終合格率はほとんど同じです。
ハッキリと言いますが、これではキャリアコンサルタント制度が体をなしていません。

その上、現実には「キャリアコンサルティング」つまり、2級に合格するために学んだその「実技」では食えません。
能力開発基本調査にあるように、労働者の「ニーズがない」からです。

むしろ食えるのは、環境介入の大前提である、「学科(専門知識)」です。
これは、労働法の知識などはもちろんですが、それよりも例えば、ダイバーシティやLGBT、人手不足といった、社会的な課題に対応する知識です。

国や協議会等は、更新講習があれば10万人からの受講料でなんとでもなる、更新のない技能士は縮小で良いと考えているのでしょうか。

3年後、受験したいと思う2級を。5年後、更新したいと思うキャリコン制度を。

EAPは今後、公認心理師が参入します。
社内キャリアコンサルティング制度は、セルフ・キャリアドック制度に(キャリアコンサルタント的には)改悪され、助成金の対象からも消えました。
ストレスチェックに至っては、歯科医師すら実施者となれる改正が行われたにもかかわらず、キャリアコンサルタントは蚊帳の外です。
その上、合否基準は不明瞭で12%台。
とどめとばかりに厚労省の資格試験情報一覧ページには、キャリアコンサルタントが掲載されていません。
厚生労働省資格・試験情報

協議会が「キャリアコンサルタント名簿登録事務と更新講習で自分たちだけはやっていける」と考えているならば、5年後、大量の登録抹消・失効者を産むのではないでしょうか。

キャリアコンサルタント試験機関として、協議会には、合格者がより良いキャリアビジョンを描けるような試験と支援を求めたいところです。

このエントリーはあくまで試験制度に物申すエントリーですから、協議会の無為無策は別として、合格された方、本当におめでとうございました。
そして、残念ながら不本意な結果に終わられた方、リベンジのために何が必要なのか、傷を抉りながら考え、実行し、次こそは合格しましょう!

キャリ魂塾LINE@でマル秘情報を確実にゲット!


友だち追加


「楽しい」「あっという間」そんな感想を書いていただける。それがキャリ魂塾です。









チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格後も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com