理想のライフスタイルを実現する、キャリ魂塾のキャリ魂太郎です。

このエントリーでは、改正入管法講座終了後の懇親会をお伝えしています。

キャリ魂塾の大阪懇親会は、徳吉丸

キャリ魂塾の大阪講座懇親会は、土曜日の場合、徳吉丸です。


一度、テナントビルの漏水があり、完全リニューアルオープンとなりました。

廃業じゃなくて良かったです。

まずは、こちらの鱧をご覧ください。

私は今まで、鱧と言えば梅肉をちょっと付けた、よく言えば、骨がコリコリした上品な白いゴムのような魚という印象でした。

好んで食べるというよりは、季節だから食べる。

そういう、七草がゆのような存在とでも言いましょうか。

味にそんなに期待はしていない食べ物ですよね。

魚で言えば初ガツオ的と言いますか、確かに初夏だし、鱧の季節だよね、という感じで注文したわけです。

しかし、この鱧、一切骨を感じないの。

フワフワなの。

身が花のように開いており、つゆと一緒に食べる、まるで細かく裂いたマシュマロ的な食感といいましょうか、とにかくフワフワ。

鱧にも、骨切り以外、骨を全て抜いて調理するという調理法があるという知識は、私も将太の寿司か何かで読んで知っていますが、これがそれか?それなのか?

というまさかの鱧。なんだこれは。

鱧の概念を壊す鱧。

かくありたい。

これは徳吉丸の看板ですね。

カツオのたたきです。

醤油が旨いんです。

「うまい」という言葉は「あまい」という言葉が変化してできたとも言われますが、この醤油は「あまくてうまい」んですね。

普通、関西でカツオのたたきと言えば、ポン酢ベースのあっさりショウガ的なイメージだと思いますが、この醤油は九州的な感じ。

甘さに加えて、にんにくが本場土佐のかつおのたたきと聞ちゅうが。

と心は既に坂本龍馬に思いを馳せる。

あなたを幕末志士にしてしまう、そんなかつおのたたきがこれ。

こちらは車海老の天ぷら。

皆さん、クルマエビの頭とか尻尾、さらには脚とか、食べます?

私は食べません。

よくこの辺りは、ネットでも、食べる食べない論争が発生します。

例えば、しじみのすましや味噌汁に入った、しじみの身を食べる食べないとかもそうですね。

私は、エビの頭と尻尾を食べたことはなかったんですよ。

で、頭が天ぷらで別途このように提供されているのですが、確かに、頭にも一部、身はついているので、それはかぶりますよ。

うん、うまいわ。やわらかい。

あれ、前の方の頭を見ると、さらにかぶっている。まだ食べれるのか、ふむふむ

さらにかぶる。うまいわーこれエビみそかしら。やわらかいわー。ふむふむ。

もしかしてまだ食べられるの?

ぱく。うまいわー。やわいわー。

頭完食。なにこれ。

もしかして、尻尾も食べられるの?

ぱく。カリカリ。

これがもしかして、本当のエビせん?ナニコレエビやん。

確かに尻尾だけでもエビはエビだ。

私はいままでエビを食べずに捨てていたのか?

哲学的過ぎる。しかし尻尾もエビなんです。確かに。

だから尻尾もエビの天ぷらなのか!そんな尻尾。

脚は?

サクサクサクサクサクサク

ナニコレ脚よ?これ脚よ?

なんでこんなうまいん!?

かっぱえびせんは確かに美味い。しかし、余分な味が含まれるのもまた事実。

しかし、これは純粋にエビ。

純粋なエビせん。確かに食べたことがないですよ、そんなもん。

エビまるごと一尾が皿からその存在を完全に消す。

あなた、そんなエビの天ぷら、食べたことありますか?

私は昨日食べました。

そんなわけで、徳吉丸さんに行くたび、毎日食べてきたはずの「食べ物」に、新たな発見をさせて頂いております。

何でしょうね。

ご一緒した受講生の方の「幸せですね」という言葉が思い出されます。

人を幸せにする料理。

料理も非言語コミュニケーションなんだな。

大阪や東京にお住まいの方は、日本中の食べ物が集まっていると思いがちですが、とはいえ、日本にはまだまだ見知らぬ美味しい食べ物があるんだろうなぁと、日本中旅行したくなる、そんな「発見」を与えてくれるのが、この徳吉丸さんなんです。