キャリ魂太郎です。

第20回2級キャリコン技能検定学科・論述試験が実施されました。

こちらでは、学科試験の講評を行っています。

第20回2級技能検定学科試験は、易化傾向が著しい。

まず、一言で言えば、「易化」を感じます。
この内容では

第8回の国家資格キャリアコンサルタント試験の方が、まだ難しい
のではないでしょうか。

これでは「熟練」レベルと「標準」レベルが逆転しています。

今回は、私も受験しましたが、自己採点の結果は96点でした。
正直、満点いけるかなと思っていたので、残念です…

今回も、
見直しをしない
(退室可能となる)試験開始後30分で退室する
という自分ルールのため、
多少問題の読み込みが甘かったと感じます。
(が、改めません笑)

キーワードで解く、とは

例えば、第20回学科試験の問1を見てみて下さい。
選択肢の1.2.3は、どれも適切・不適切を判断できません。
が、

選択肢4だけ、「特化した」という言葉があります。

これだけで、基本的には切れる(不適切と判断できる)わけです。

その他、

問32の「反」比例などもキーワードです。
スーパーに「反」比例はありません。
(「反」比例があるのは‥‥そう、「ホランド」ですね)

キャリ魂太郎が間違えた2つの問題は…

私が今回間違えたのは、

問13の心理検査
問16のハローワークインターネットサービス

の2問です。
問13は「生徒自身に自己採点」をキーワード的に不適切
と判断してしまいました。
改めて読み返せば、Bの方がおかしいわけですが、反省点です。

問16は1.3にした段階で、
そこからは当初予定通り「迷ったら3」の自分ルールで、「3」にしました。

第20回2級キャリコン学科試験では「難」レベル出題は6問だけ。

第20回2級キャリコン学科試験では、
ほぼ9割が、易しい・普通レベルです。
※選択肢レベルではなく「出題」として捉えて下さい。

難問は

問13
問16
問21
問26
問27
問31

あたりが難問と言えるところでしょう。

特に問27は、私も第8回国家資格キャリコン試験で間違えていなければ、
正解はできなかったと思います。

難問以外の出題は、比較で解ける

難問以外の出題は、どれも「他の選択肢との比較」で解けるため、
難問には入りません。

個々の選択肢の難しさよりも、

「正答」するための難易度が重要です。

キャリ魂塾テキスト・読むだけ論点だけで高得点可能!

この出題レベルが続くのであれば、

キャリ魂塾の
2級学科試験対策講義と「読むだけ論点」のみで

合格はもちろん、

高得点も十分狙えると感じます。

例えば、
問35のマーシャ(Marcia,J.E)
問43のPBL
は、見慣れないかもしれませんが、過去問からの出題であり

キャリ魂塾の『読むだけ論点』に掲載されています。

キャリ魂塾共進会参加者への資料からズバリ出題!!


この画像は、キャリ魂塾共進会にて直前に配布したものです。

これだけ見ていれば、問2の選択肢4が不適切ということはすぐ分かります。

気になる合格率は…80%前後!?

こうなると、気になるのは合格率です。

実は第16回2級学科試験を受験した際、私の得点は90点でした。
その第16回の合格率が73.65%です。

この第16回よりも、更に易化したように感じますので

合格率は、

80%

前後と推定します。
(私が2年前よりパワーアップしたと考えることもできますが…笑)

学科試験の合格率が上がると、実技試験の合格率が下がる?

学科試験の合格率が上がると、実技試験の合格率が下がるのではないか、
と心配される方もいるかもしれません。

が、
第16回(学科合格率73.65%)の実技試験合格率16.45%よりも、
第17回(学科合格率62.7%)実技試験合格率は15.27%と低く、
あまり影響はないのではないかと思います。

むしろ、

学科試験の合格率に関係なく、実技試験の合格率を絞っている
ように思います。

理論(学科)と実践(実技)は車の両輪。
キャリアコンサルティング協議会は試験を見直すべき。

理論と実践は、実務家にとって、どちらが大事と言うことではなく、

どちらも大事です。

にもかかわらず、
キャリ協の現在の試験制度・結果から受け取るメッセージは、
あきらかに

「実技偏重」

になっています。

このような試験制度では、
「対人援助」に偏重したキャリアコンサルタントが必要である
という誤ったメッセージとなり、
木村周先生が提言されているような

「環境に介入できるキャリアコンサルタント」

の育成には程遠いものとなります。

特に、技能検定の試験機関は

キャリアコンサルティング協議会のみ

となっていることも鑑み、是正を申し入れたいところです。

そうしなければ
「学科よりも、実技の方が受験料が高いから…?」
という見方をされてしまうのは、避けられないでしょう。

第20回2級キャリアコンサルティング技能検定学科試験が不本意な結果だった方へ

この第20回学科試験が不合格という結果になった場合、
考えられる原因は2つです。

1つは
単純に勉強不足
もう一つは
勉強のやり方が分かっていない

ですね。

前者は勉強して頂くしかありませんが、
後者の場合、2級キャリコン技能検定は
国家試験受験生よりも実務経験で受験される方が多いため、
勉強のやり方を知ることが大切です。

勉強のやり方を知って、次回は絶対に合格を勝ち取りましょう!

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験合格サポート

チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com