キャリ魂太郎です。

このエントリーでは、「キャリコン資格で稼げない理由」について、解説しています。

キャリコンで稼げない・食えない最大の理由

キャリコンが「稼げない」資格とされる、最大の理由…

それは、あなた自身が既にご存知のはずです。

能力開発基本調査結果から見る、キャリコンが食えない理由

なぜ皆さんが既にご存知と言えるのか。

実は、学科試験過去問で、あなたがほとんど毎回目にする資料がその根拠だからです。

その資料とは…

 

 

「能力開発基本調査」

 

 

です。

皆さんこういった調査・統計・白書はやっぱり「嫌い」「見たくない」という方がほとんどではないでしょうか。

この「能力開発基本調査」では、毎年「キャリアコンサルティングを行う上での問題点」を調査しているわけです。

しかし、あなたはこれを、「あー覚えるの面倒くさいなー。でも学科試験で出題されるしなー」程度に考えていませんか?

 

何のために国が高いおカネ(つまり我々の税金)を使ってこんな調査をしているのか、「国に寄り添って」考えてみて下さい。

能力開発基本調査:キャリアコンサルティングに関する問題点

今回、能力開発基本調査で、見るべきポイントは、「キャリアコンサルティングを行う上での問題点」です。

下記の画像を見て下さい。

出典:平成28年度能力開発基本調査

これ、28年度だけではありません。

29年度も、27年度も26年度もずーーーーーーっと順位は一緒。

つまり、ずーーーーっとキャリアコンサルティングを行う上での問題、第1位は同じ。

 

そう、「当の労働者からニーズがない」のです。

なので、この論点が出題されたら、サービス問題だと考えて下さいね。

ニーズがない市場に参入しているのだから、食えないのは当たり前。

 

キャリコンが食えない資格なのではありません。食えない市場に参入しているから食えないだけです。

言い換えれば、キャリコン資格の使い方を分かっていないだけ。

 

そして、第2位を見て下さい。

 

「労働者がキャリアに関する相談をする時間を確保することが難しい」

 

そう、労働者は忙しいので、キャリアに関する相談時間を確保できないのです。

 

ならば

その時間を確保できるようにするのが「環境介入」でしょう。

 

はい。もうお分かりですね。

食えないと言っている方は

 

1.ニーズのない「キャリアコンサルティング(カウンセリング)」市場に(いきなり)参入している

2.「そもそも相談時間が確保できない」という問題を解決する意思がない。

 

のです。

これでは、セルフキャリアドックのように、国がお膳立てしてくれない限り、そりゃいくら頑張っても食えません。

だって順番が違うじゃないですか。

キャリアコンサルタントの正しい法人市場参入手順

キャリアコンサルタントが法人市場に参入する場合、能力開発基本調査に基づく正しい手順は、

 

1.「環境に介入し」
2.「労働生産性を高め(労働者の余裕時間を確保し)」
3.「労働者が自らのキャリアについて考える機会を作る
(セミナー、ガイダンス、ワークショップ)」ことによって、
4.「労働者がキャリア形成について相談したいというニーズをもたらす」

 

となります。

そしてこのように「市場参入戦略を考える資料にする」からこそ「能力開発基本調査」の意味があるのです。

学科試験に出題されるから勉強する。
そんな学生気分で勉強しているから、楽しくないのです。

まとめ:キャリアコンサルタントは
まず「コンサルタント」でなければならない。

いかがだったでしょうか。

私がいつも口を酸っぱくして言っているように、キャリアコンサルタントは「カウンセラー」であることよりもまず、「コンサルタント」でなければならない理由について法人市場参入の観点からお話をさせて頂きました。

 

大事なことなのでもう一度言います。

ほとんどの場合、カウンセラー(個人心理支援)をやっていては、ずーっと食えません。

なぜなら、相談者である労働者にそのニーズがないからです。

仮に、ニーズがあったところで、労働者から「社長、わが社にもキャリアコンサルティングが必要です!」なんて言える企業がどれだけあるでしょう。

そして、キャリアコンサルタントが必要という認知(評価)がどこにもないからです。

その上、いわゆる心理カウンセリングなら、臨床心理士や公認心理師が上位に存在しているからです。

 

収穫したいなら、まず畑を作って種をまくという、環境介入が必要であり、それはいくらロールプレイの練習をしても身に付かないのです。

キャリ魂太郎Twitter、キャリ魂塾LINE@、共進会でマル秘情報を確実にゲット!



友だち追加