日本一しゃべり、書くキャリコン

キャリ魂太郎です。

今回は、資格の活用について、ちょっとさらっとした感じで書いてみました。

合格はしたけれどキャリコン資格をどう活用していいか分からない

合格祝賀会であらためて塾生のみなさんと今後の活動についてお話をするのですが、

その中でもかなり多いのが

「合格したけれど資格をどう活用すればよいか分からない」

というお悩みです。

副業等にキャリコン資格を効果的に活用するにはブログが必須

就職以外にも資格を活用する方法は様々です。

特に今は、個人のスキル活用系のサービスもあるので、
副業として活用することが一番てっとりばやいのではないでしょうか。

その場合でも、ブログを書いておくことは一つの差別化に繋がるため、
非常に重要です。

検索でヒットしなければ、「存在しない」のと同じ。

現在、私はブログを3つほど書いていますが、

キャリアコンサルタント受験関係で検索すれば、
大抵、3ページ目までにはヒットします。

このように、

Google検索結果として、評価されなければ、

今や存在していないのと同じです。

そのため、ブログも「ただ書く」のではなく、
Googleの検索を意識して書く必要があるわけですね。

Googleに評価されるには、1エントリー当たり1,000文字必要。

特に、文字数で言うと
1,000文字以上の記事を書かなければならないとされています。
なので、このブログでは1,000文字を一つの基準にしています。

が、1,000文字の記事を書くというのは
それなりに大変です。

大体、推敲も含めると2時間くらいかかるかな。

勢いで書いて、後から段落を入れ替えたり、
修辞や助詞などの微修正という感じで書いていくわけですが、
(「最終的にできた」と「最終的にはできた」みたいに、
細かい助詞なども気が付く範囲で読みやすく直していったりします。)

不思議なもので、入力画面で読んでいると気づかないミスが、
アップして読むと気づいたりします。

こういうのは、

画面で見ていると分からないけれど、紙に印刷すると気づく、

というのと同じような現象ですね。

特に、ワードプレスで記事を書いていると、
タグなどがあるので、きちんと読めないように感じます。

なので、試験対策についてのエントリーだと、

最終的には1記事あたり
平均1時間半から2時間くらいかかっていると思います。

凡事徹底が一番難しい。

アメブロやはてなブログは、
私が今何をしているとか、この件についてどう考えたとか、
試験に関係のないエントリーもありますので
気楽に書ける感じです。

しかし、このブログは、
試験対策という受験生ニーズに応え、
また、できるだけ読みやすくすること、
その上で、「なるほど」と思って頂けるよう、
ひとつの文章の文字量や、段落分けなども考えて書いています。

そう考えると、

やはり、凡事徹底が一番難しいと思います。

凡事徹底とは

凡事徹底とは、私の好きな言葉で、

誰でもできることを

誰もができないレベルで行う。

ということです。

毎日ブログを書くこと自体はそれほど難しくありません。

ネタが切れれば、
学科試験や論述試験、面接試験の過去問の解説をすれば、
しっかりとした、ニーズに耐えうる記事は書けるはずです。

しかし、Googleに評価されることを考えれば
1エントリー1000文字。
そして最低100記事。
そのためには、3か月毎日1日2時間。

なかなか厳しいですよね。

私は文章を書くことがそれほど苦になる人間ではありませんが、
書きなれていない方には、相当苦痛だと思います。

98%の人がブログを3か月継続できない。

キャリ魂塾では、受験生だろうが合格者だろうが、
ブログを書いて情報発信していくことが大切だとお伝えしています。

が、

実際にブログを始める方は、お伝えした方の2割に満たないでしょう。

ブログを始めたとしても、

3か月ブログを継続できる方は1割にも満たないでしょう。

つまり、ブログを3か月継続できる方は

100人いれば、2人です。

誰も見てくれない状況で、書き続ける

収入に繋がらない状況で、書き続ける

他にやるべきことがあるのに、書き続ける

そんなに人は強くありません。

私は、ブログを書くこと自体が、

「ビジネス」を生んでいると分かっているので、

継続できますが、

例えば、

今既に会社員としてそれなりの収入がある、

主婦として、特に差し迫った必要がない

こういった場合、目的もなく

ブログを3か月継続できることは少ないんじゃないかなと思います。

特に、最初はだれも見てくれませんしね。

資格を活用できないのではなくて、活用する必要がない

そう考えると、

よく、

「この資格は食える・食えない」

という議論がありますが、

そもそも

「その資格で食う必要がある・ない」

というポジションの問題が大きいのではないかなと思います。

言い換えれば

「キャリコン資格でお金を稼がなくても、他に収入がある」

のであれば、別にキャリコン資格を活用できなくてもいい

と考える方が多いのではないかな、と。

資格の活用法は人によって違う。あなたが考えるキャリコン資格の活用法は?

キャリコン受験生、合格者のあなたは、

「本気で」

「キャリアコンサルタント資格を活用する」

ことについて考えたこと、ありますか?

特に

「就・転職に役立つかどうか」だけで資格の価値を判断していませんか?

こういうとりとめのないエントリーでも、
段落分けをしたり
赤で強調したりとかしだすと時間がかかります。

なんだかんだで結局1時間ちょっとかかりました。

youtuberの編集作業なんて、もっと大変なんでしょうね。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験合格サポート

チャンネル登録者500名突破!キャリ魂太郎のyoutubeチャンネルはこちらから!

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策メールマガジン

キャリ魂塾キャリアコンサルタント試験対策講座

キャリ魂太郎のキャリコン試験対策講座では、このような講義を行っており、
初学者の方でも合格レベルに達することができる受験知識に加えて、
養成講座では教えられていない「実務に役立つ」学びをご提供しています。

キャリ魂塾のキャリアコンサルタント試験対策講座や教材は↓のバナーをクリック!

合格も学び続けたい方へ「2級面接勉強会」&「国家資格キャリコン学科試験対策講座」受講し放題コースがあります。

※国家資格キャリコン試験合格者のみとなります。
※初回は1年間のお申込みが必要となり、途中退会はお受けできません。
詳細は下記をご確認下さい。

coubic.com